海外ニュース・話題

洋書多読するなら!10ドル以下で電子書籍読み放題のKindle Unlimitedをレビュー

昨日、米Amazonは、一ヶ月9.99ドルで60万冊のKindle電子ブックが読み放題になる“Kindle Unlimited”を公開した。

わずか10ドルで大量の洋書が読み放題になるので、日本の英語学習者が洋書で多読練習をする時にも最適なサービスだと思う。

1ヶ月無料でお試しできるので、今回は私が実際にkindle unlimitedに加入して、どのような本が読めるのかや、使い方を調べてみた。日本国内では、Kindle Unlimitedのレビュー記事は比較的早い方なんじゃないか。


日本からも利用可能

日本でもいくつかのニュースサイトで取り上げられていたが、現地アメリカのニュースサイトでは当然話題になっていて、例えば以下の記事などで紹介されている(リンク先にはkindleunlimitedの案内動画も貼ってある)。
Kindle Unlimited Subscription Service: $9.99/month

Kindle端末だけではなく、iOS、Android、Windows Phone、BlackBerry、Windows、Macでも読み放題サービスを利用できる。

米Amazonのアカウントを持っている人であれば、現在は日本からでも利用可能になっているようだが、一応規約を確認する必要があるだろう。

英語多読練習に最適!ハリーポッターも全巻読める!

kindle unlimited 001

まず最初のこの画像は、Kindle UnlimitedをPCで開いたホーム画面。

Kindle Unlimitedユーザーなら無料で読み放題の人気書籍達がリストアップされている。

嬉しいのは、ロードオブザリングや、ハリーポッターなども読み放題だということ。

kindle unlimited 006

このように、Kindle Unlimitedユーザーならハリーポッターシリーズは全巻無料で読む事ができる。

日本の英語学習者が、洋書で100万語読破を目指す!というのはよくある話だが、日本では洋書も手に入りにくいし、お金も結構かかる。

しかし、Kindle Unlimitedなら、月々10ドルを払うだけでいくらでも洋書を読めるようになる。使わない手はないだろう。

kindle unlimited 003

もちろん全てのKindle本が読み放題になるという訳ではないのだが、この画像のように、そこそこ品揃えはいいと言える。
Kindle Unlimitedのホーム画面から、ロマンス小説とか、ミステリー小説とか、ジャンルによって検索して行く事もできるようになっている。

最新の小説もそこそこある

kindle unlimited 002

これは、Kindle本の検索画面で、「発売日と人気」順にソートした場合に出てきた洋書達。

7月8日に発売された本もあるし、7月に発売されたばかりの最新の本もそこそこ見つかるからすごい。これが読み放題となったら、出版社は商売あがったりなんじゃないか?

実際にMacで読んでみた

とりあえず、日本でもアメリカでも話題になった超ベストセラーの経済書“Capital in the Twenty-First Century(21世紀の資本論)”を読んでみる事にした。

kindle unlimited 004

通常はKindle版でも約2000円するところ、無料で読めるというのだから衝撃。

Kindle Unlimitedに登録したアカウントでログインしていれば、“Read for Free”をクリックするだけで各端末や、Kindleアプリを入れているMacやiPhoneなどに瞬時に反映される。

kindle unlimited 005

2000円の本も読み放題の中に入っているとなれば、9.99ドルの元を取るのは難しくない。

まあもちろん英語リーディング力的に、そんなに早くは読めないので、日本人の英語学習者がKindle Unlimitedで元を取るには結構がんばって読まなくてはいけないが。

Kindleアプリに書籍が入ったら、あとは普通に購入したKindle版の本と同じように読む事ができる(もちろん、Kindle Unlimitedを解約すると読めなくなる)。

英語多読トレーニングをしている人は、Kindle Unlimitedに登録せよ!

登録の仕方は至って簡単で、アメリカにAmazonのアカウントを作り、Kindle Unlimitedに登録するだけ。1ヶ月無料お試しができるので、とりあえずそれで試してみるのがいいだろう。

留学生など、米在住の人なら全く問題なく利用できるが、日本から利用する場合は、Kindle Unlimitedの規約などを確認のこと。

TOEICやTOEFLに備えて英語リーディングを鍛えるため、英語多読トレーニングをしている人は、これで毎月の洋書代を大幅に削減できるかもしれない。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top