海外ニュース・話題

無料でスゴいプレゼン・インフォグラフィックを作れるサイト3選(使い方&レビュー)

プレゼンテーションのスライドや、企業やサービスを紹介するポスターを作る時などに、どのように情報を視覚的に分かりやすく紹介するかは、ビジネスマンやゼミでの発表を控えた大学生にとっての永遠の課題。

データや文章を、図や絵などともに分かりやすく紹介するインフォグラフィックは、その一つの解となるもの。

アメリカでは少し前からインフォグラフィックが流行っているようで、プレゼンテーションや資料、インフォグラフィックを非常に簡単に制作できるWebサービスが数々登場している。


無料で最高のプレゼンスライド、インフォグラフィックが作れるサイト

米Inc.comは「Infographics Are Hot, Your Boring Data Is Not | Inc.com(インフォグラフィックが熱い。あなたの退屈なデータは寒い。)」と題した少し前の記事で、統計・データ・情報を、視覚的に分かりやすく伝える3ステップとして、インフォグラフィックを無料で作る事ができるWebサービスを紹介している。

しかし、全て英語のサイトであるし、Incの記事では個々のサービスで出来る事や、実際に各サービスでインフォグラフィックを作る方法は示されていないので、少し物足りない。

そこで、紹介されていたインフォグラフィックを無料で制作できるWebサービスに私が実際に登録して、それぞれのサービスの使い方や、どんなインフォグラフィックが作れるのか、プレゼンテーションの編集画面はどうかなど、より詳細にレビューしようと思う。

基本的に紹介するのはインフォグラフィックの制作サービスだが、全てパワーポイントでプレゼンテーションを作る時にも流用できるものだと思う。パワポに入っているチャートやグラフよりも、圧倒的にクオリティの高いものが作れるので、これをプレゼンに活かさない手はない。

神経科学も視覚的情報の重要さを証明

せっかくIncの記事を紹介したので、プレゼンについての記事をもっと紹介しておこう。いわばプレゼンの“本場”であるアメリカの情報なので、非常に参考になるのではないか。

紹介するのは、「8 Ways Neuroscience Can Improve Your Presentations | Inc.com(あなたのプレゼンテーションをもっと良くする、神経科学の8つの方法)」という記事だ。

この記事は、最新の神経科学の研究を紹介して、プレゼンにおいて文章などの情報に加えて、視覚的な情報を提供する事の重要性を指摘している。

記事中の、「2. Don’t just tell, show and tell.」の部分を訳すと、以下のようになる。

「最新の神経科学の研究が、人間は言葉と画像情報を、脳の異なる場所で処理しているという事を明らかにした。もしあなたのプレゼンテーションが、テキストとともに画像を含んでいれば、人々はあなたのメッセージを2倍覚えやすくなる。重要な主張をする時には、テキストとグラフを組み合わせるべき。」

というわけで、インフォグラフィックの「データや情報を視覚的に表現する」というコンセプトは、神経科学的にもその利点が証明されているということだ。

無料で高クオリティのインフォグラフィックを作れるPiktochart

Piktochart001

無料でインフォグラフィックやプレゼンの素材を作る事の出来るWebサービスの中でも、かなりクオリティが高いのがこのPiktochartだ。

今回いくつかのサービスを試してみた中で、Piktochartのインフォグラフィック作成画面が、最も使いやすく、かつ高機能だった。

とりあえずインフォグラフィックを作ってみたいとか、マイクロソフトパワーポイントで作ったスライドより高クオリティのグラフやチャートが作りたいという人は、とにかくまずはPiktochartを使ってみるのが一番いいだろう。

登録も無料で超簡単

Piktochart002

見ての通り、ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力すればアカウントが作れる。facebookなどでサインインする事も可能だ。

インフォグラフィックの無料テンプレートも豊富

Piktochartは、無料のテンプレートでも高クオリティのものが多数用意されているのが魅力。

お金を払う必要があるPro版は、1ヶ月29ドル、年間199ドルで使う事ができる。

無料版でも十分使えるデザインがあるので、基本的にはPro版にしなくてもやっていけると思われる。

Piktochart003

このように、どのようなインフォグラフィックを作りたいかを選択すれば、下に多数のテンプレートが表示される。

Piktochart004

テンプレートの時点で既に非常に見栄えがよく、テンプレートをちょっと改変するだけでも、ひと味違うプレゼンのスライドや資料、サービス紹介のWebページが作れてしまう。

インフォグラフィックを作ってみたい人は、とりあえずどんどんテンプレートを試してみるといい。

編集ツールもすごい

Piktochart006

Piktochartは、編集ツールの高機能さもすごい。無料版でも、一通りの機能が使えるため、テンプレートにさえこだわらないのであれば、インフォグラフィック作り放題である。

フォントも豊富で、多数のフォントが用意されている。

アイコンや画像といった素材についても、パワーポイントでスライドを作る時よりも高クオリティでデザイン性の高い素材が揃っている。

Piktochart007

このように、パーツやブロックをドラッグアンドドロップだけで操作することができ、また中心を表示してくれる補助ラインが表示されるなど、無料とは思えない高機能な編集ツールとなっている。

Piktochartを使っていると、スライドを制作するソフトに高いお金を出しているのが少しばからしくなる。インフォグラフィックだけではなく、プレゼンテーションのスライドを作れる無料の高機能パワポ的なWebサービスにも、どんどん登場してもらいたいものだ…

データやグラフの編集ツールもすごい

Piktochart008

先ほどの編集画面でグラフやチャートをダブルクリックすると、このようなグラフの編集画面が登場する。

パワーポイントのグラフツールとは比べ物にならないほど多数の、かっこいいグラフが用意されているのも大きな魅力。

データの編集だけではなく、データをインポートする事も出来る。

Piktochartすごいっす。

高クオリティなアイコン素材や画像素材で色々できる

Piktochart009

アイコンも、インフォグラフィックを作る時には欠かせないが、もちろん多数のアイコンが用意されている。

さらにすごいのは、画像をアイコンの形にくりぬくようにして、アイコンで画像をマスクする事が出来る機能まであること。

作ったインフォグラフィックを無料でダウンロード可能

Piktochart010

他サービスでは、作成したインフォグラフィックを画像データなどでダウンロードするには課金しなくてはならないものが多いのだが、Piktochartは無料でエクスポートできるのが大きな魅力。

今回、このレビューを書くために、プレゼンのスライドを作る時などに使用しそうな一通りの機能を試してみたが、そのデータをエクスポートしてみたのがこちら。

Piktochart011

まあ非常にやっつけで作ったので、Piktochartの良さを伝えきれていないが。

もしこの記事を見て、完成度の高いインフォグラフィックをPiktochartで作ったよ!という人がいたら、ぜひシェアしてもらいたい。

機能制限はあるが、無料でインフォグラフィックを作れるInfogr.am

Infogram001

冒頭のIncの記事では、Excelファイルや.csvのスプレッドシートを、マイクロソフトオフィスよりもずっと高クオリティにグラフ化してくれると紹介されている。

Infogr.amも、Piktochartと同じように、Web上のツールでインフォグラフィックを作成する事が出来るサービスだ。

Infogram002

Piktochartと同じように登録は至って簡単。

Infogram003

ログインするとこのような画面が表示され、“Create”からインフォグラフィックを作成する事が出来る。

テンプレートの豊富さはPiktochartの方が上

Infogr.amも編集ツールが用意されており、ブラウザ上でインフォグラフィックを作成できる。

Infogram004

しかし、テンプレートの数が少ないと感じる。Piktochartが豊富に用意されすぎているだけかもしれないが。

グラフやチャートはかっこいい

グラフやチャートは、パワーポイントには絶対ないようなスタイリッシュなチャートが用意されている。

Infogram005

これはいわばタグクラウド的なもので、数値が大きければその文字が大きく表示されるというワードクラウドだ。

このチャートを使うだけでも、結構スタイリッシュなスライドになるだろう。

データの編集ツールは高機能

Infogram006

Piktochartと同じように、データも編集ツール上で簡単に編集する事が可能だ。

Infogram008

グラフの色合いなども、細かく設定することができる。

様々なインフォグラフィックを閲覧・シェアできるVisual.ly

Visually001

Visual.lyは、有料でデザイナーにインフォグラフィックの制作を依頼できるなど、以上で紹介してきたサイト達とは少し雰囲気が違うツール。

特徴は、色々な人が制作したインフォグラフィックをアップしてシェアし、人気のインフォグラフィックなどをチェックする事ができるという点。

インフォグラフィックを作っている中で、デザインに悩んだりしたら、クオリティの高いインフォグラフィックを見て、インスピレーションを得ることができる。

Visually003

このように、多数のインフォグラフィクをブラウジングできる。
パワーポイントでプレゼンテーションのスライドを用意している時に、行き詰まったりしたら、Visual.lyを見て、スライドのデザインのアイディアを盗むという使い方ができそう。

また、自分がプレゼンやインフォグラフィックを作ったら、それをVisual.lyにアップして、シェアする事もできる。

Visually004

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top