海外スタートアップ情報

アジアで最も早く成長しているメディア企業”Dino Media”創設者のインタビュー

Dino Mediaは、様々なソーシャルメディアやニュースポータルサイトを運営している企業。
2013年にマレーシアのクアラルンプールおよびペナン州で設立され、現在すでに1ヶ月あたり300万人にニュースやエンターテイメントを提供しているなど、急成長を遂げている。

公式サイトはこちら
Dino Media | The Internet is Our Playground

Next Up Asiaというアジアの起業家などを取り上げるサイトに、”Fastest Growing Asia Digital Media Company Dino Media Takes Netizens by Storm“と題する創業者の一人Aaron Tengのインタビュー記事が掲載されている。
非常に短いインタビュー記事だが、今回はその内容の要点だけを簡単にまとめてみる。

起業メンバーAaron Tengへのインタビュー

・なぜ起業したのか?
情報の流れをコントロールする事に加えて、魅力的なコンテンツで人々を楽しませたいと心から思ったから。

・起業家になる夢を追うきっかけになった人物はいるか
SAYS.comのKhailee Ng

・起業家が持っているべき3つの勝利の特徴は?
適応力がある事、決断力がある事、明確なビジョンを持つ事

このインタビューに答えたAaron Tengは、Dino Mediaの創業メンバーの一人で、グラフィックデザインやライターなど、多様なバックグラウンドを持ったチームで運営をしているという。
マレーシアのメディア関連の会社を起業した若者とだけあって、やはりこちらの記事で紹介したマレーシアのソーシャルメディアサイトSAYS.comのKhailee Ngには大きな影響を受けているようだ。

Dino Mediaが運営するサイト

Dino Mediaが運営しているサイトの例を紹介しよう。
Coffeeticks – Freshly Brewed Everyday
Coffeeticksは、面白いニュースやフランクなニュースを集めたサイトだ。
よく読まれている記事にちょっと下ネタな記事が入っていたりするので、大体雰囲気はつかめるのではないか。

MYHEROというAndroidアプリも面白い。
ローカルコミュニティーに着目したアプリで、地元のコミュニティの最新の情報を受け取ったり、何かトラブルがあったときに近くにいるMYHEROユーザーに助けを求める事が出来る。

起業に興味があり、日本やアメリカのスタートアップ企業を調べてみる人は多いかもしれないが、ぜひアジアのスタートアップにも目を向けてみよう。
アジアにも、若い起業家達のユニークなアイディアが満載のスタートアップ企業が数多くある。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top