Android

Androidの通知をMacやWindowsで表示できる「AirDroid」の使い方まとめ

Airdroid

AndroidとMacやWindowsの間で、WiFi経由でファイルをやりとりできるAndroidアプリとして知られている「AirDroid」。
PCとのファイルのやり取りがWiFi経由でできるだけでも十分便利であるが、去年のアップデートで、Androidスマートフォンの通知や、電話の着信、メッセージの着信などを、パソコンから閲覧できるようにする機能も追加され、大幅にパワーアップした。
AppleのiOSとMacで使えるContinuityやHandoffといった機能と類似の機能が、Androidでもこのアプリで実現できるのだ。

去年の末にアップデートされる以前は、Androidに「AirDroid」を入れておき、Android側に表示されているアドレスに、同一WiFiに接続しているMacやWindowsからブラウザでアクセスすると、Android内部のファイルを操作することができるというアプリだった。
Windowsと違ってUSBでAndroidを接続するだけでは内部のファイル管理ができないMacユーザーにとっては、Android端末とファイルのやり取りをするため、真っ先にインストールすべき非常に便利なAndroidアプリである。

このAirDroidに、Windows版・Mac版のデスクトップアプリが登場し、Androidに掛かってきた電話の通知をMacに表示したり、 Androidアプリの様々な通知を表示したり、ファイルを簡単にやりとりしたりする事ができるようになったのである。これを使わない手はないだろう。

そこで今日は、MacやWindowsと組み合わせて、AndroidスマートフォンやAndroidタブレットを使用するのがより一層便利になる最新の「AirDroid」を紹介する。


まずはMacやWindowsに「AirDroid」を入れよう

まずは、Androidスマートフォンのファイルをいじったり、通知を表示したりしたいパソコンに「AirDroid」をインストールする必要がある。
今回は、筆者が所有しているMacBook Airと、Zenfone5を使って、「AirDroid」を使用してみることにする。

ScreenshotAirDroid | マルチスクリーンライフを楽しみましょう

Androidに掛かってきた着信や、様々な通知、メッセージのやり取りなどができるようになる「AirDroid」のサイト。MacやWindows向けそれぞれのダウンロードリンクがあるのでゲットしよう。

今回は筆者の所有しているMacで説明するが、AirDroidを公式サイトからダウンロードしたら、通常のアプリと全く同じようにインストールを進めれば良いだけだ。

Airdroid install

アプリケーションフォルダにAirDroidをドラック&ドロップすればインストール終了だ。

Android側でもアプリ「AirDroid」をインストール

続いては、AndroidスマートフォンやAndroidタブレットに、GooglePlayでダウンロードできるアプリ「AirDroid」を入れる。
先述の通り、今回使用するのはASUSのZenfone5だ。

AirDroid – Androidをコンピューターで

制作: SAND STUDIO
価格: 無料
平均評価: 4.6(合計 335,393 件)

インストールが完了したのち、初回起動時には簡単な機能紹介が表示される。
ここで、Androidスマートフォンなどで受け取ったメッセージを、WindowsやMacなどのパソコン上で表示できるという機能も紹介されている。

Android airdroid1
Android airdroid2

UIも随分見やすくなった。

同一WiFiに接続しているPCのブラウザ上からアクセスするとAndroid内部のファイルを閲覧したり操作することができる「http://192.168〜〜」というアドレスは上部に表示されている。

下部にある様々なメニューを見れば、MacとiPhoneでいうところの「iPhoneを探す」機能があったり、テザリングやファイル転送機能など、非常に多機能で便利なAndroidアプリだということがお分かり頂けるだろう。

AirDroidでAndroidの通知をPCに表示させよう!

まず必要な作業は、AirDroidへの会員登録だ。スマートフォンに入っているAirDroidのアプリ側か、パソコンにインストールしたAirDroidのアプリのいずれかで、会員登録を行おう。

会員登録が済んだら、MacやWindowsのパソコン側でログインし、さらにAndroid側でもログインする。そして、その状態でPCとスマートフォンを同一のWiFiに接続しよう。

これで準備はほぼ完了だが、電話の着信やアプリの通知、メッセージなどをPC側に表示するためには、Androidスマートフォンやタブレット側で、以下のような設定をする必要がある。

Airdroid setting 001

Android端末に入れたAirDroidアプリの右上をタップし、設定を開く。

Airdroid setting 002

上記画像の、「プッシュ通知送信」という部分が、Android側でのメールや電話の着信、SMSメッセージや様々なアプリの通知を、MacやWindows側で表示するための設定だ。

「プッシュ通知送信」の部分をタップすると、以下のような画面になる。

Airdroid setting 003

ここで、AirDroidの通知にチェックを入れて、スマホの通知をPC側に表示させることを許可しよう。

Airdroid setting 004

このような確認メッセージが表示されるので読んでおこう。
一度スマートフォンとMacやWindowsを同期して、PC側でAirDroidを立ち上げていると、電話がかかってきた場合に自動的に誰からの着信かがPC側に表示されるようになるので、家族でPCを共有している場合などは気をつけよう。

この状態で、先ほどの設定画面にある「テスト通知を作成」をタップすれば、パソコン側に以下のような通知が表示されるはずだ。
画像は筆者の使用しているMacBook Airで、AirDroidを立ち上げた状態で置いているデスクトップだ。

Airdroid test

さて、ここまでできたら完全に準備は終了だ。
この状態でスマートフォンに着信やメッセージがあると、それがPC側にもバッチリ通知されるようになっているはずだ。

Androidの通知がMacやWindowsでも見れるぞ!

早速、Androidスマートフォンに電話をかけてみたり、メールを送ってみたりして、その通知が筆者のMacにも表示されるかを試してみた。

Airdroid tel

まずはAndroidスマートフォンに電話がかかってきた場合の通知。Macにも、誰から電話がかかってきたのがが表示されている。
画像では、非通知の電話番号からかけたので、非通知・未知と表示されているが。

Airdroid mail

また、Androidにメールを送ってみた場合の通知がこれ。この画像ではぼかしを入れているが、誰からのメールかがしっかり表示されている。ちなみにAndroidで使用しているアプリはK-9メールだ。

パソコン側のAirDroidで出来ること

Airdroid home

MacやWindowsにインストールしたAirDroidを起動すると、自分のアカウントやデバイスの情報が表示される。

ちなみに、起動時に自動的にAirDroidのアカウントにログインしてAirDroidをバックグラウンドで起動しっぱなしにすることもでき、そうしておくと、パソコンをつけた瞬間にスマートフォンと同期できる。
常にスマホ側にきたメッセージや着信をパソコンの画面で見れるようになるので、非常に便利だ。

この画面から、スマートフォンのSMSメッセージの送受信をPCで行ったり、着信履歴をチェックしたりといったことができる。

Airdroid record

まずはこれが着信履歴の画面。履歴の日時に加えて、電話番号など相手先も当然わかるようになっている。
スマートフォンの小さい画面でたくさんの着信履歴を見るのは面倒だ、といった場合に便利だろう。

Airdroid sms1

スマートフォンのSMSを送受信できてしまうのも嬉しい。
フリック入力で文章を入力するよりも、手元にあるパソコンを使用してメッセージを作成したほうが早い、というスチュエーションは多々あるので、この機能の使いどころは多くありそうだ。

Airdroid mirror

「ミラー」機能を使えば、Android端末の画面をパソコン側で丸ごと表示し、画面上にあるスマホをいじるかのように操作することができる。
しかしながら、この機能を使用するためにはルート権限を取る必要があるため、ライトユーザーには少々ハードルが高いだろう。ミラー機能をあらゆるAndroidスマートフォンで使えるようになったら便利なところだが。

というわけで、以上がAirDroidの機能の大体のまとめである。
Androidスマートフォンに来たメッセージや着信などをパソコンで表示し、より一層便利にスマホを使いたいという人は、ぜひAndroidアプリ、PCアプリ両方ゲットしておこう。
基本的な機能はすべて無料なので、手軽に使うことができる。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top