Android

超高クオリティのSIMフリー格安スマホZenfone 5を日本から買う方法まとめ

1万円台で買えるSIMフリーの格安スマホとは思えないほど高クオリティでサクサク動作するZenfone 5。最近Gigazineで取り上げられるなどして知名度も上がり、ASUSが日本の高額なスマホ市場を破壊してくれるのではという期待も高まっているが、Zenfone 5は依然日本では発売されていない。

これまでも当ブログではZenfone 5の個人輸入の仕方、詳細なレビュー記事などを書いて来たが、日本国内でも秋葉でZenfone 5を売り出すお店などが登場しているようなので、改めて日本からZenfone 5を購入する方法をまとめておきたい。


重要な追記

ASUSの10月28日の新製品発表会で、Zenfone5の日本発売が発表され、LTE版であるA500KLの日本発売が発表された。

以下の記事で詳しくまとめている。

Screenshot日本発売のZenfone5がすごすぎ!ASUS発表&A500KLスペックまとめ

2014年11月8日に日本で発売されることが発表されたZenfone 5 LTE版(A500KL)のスペックの詳細や、ASUSの発表会で発表された情報の詳細をまとめ

すでに日本版Zenfone5はAmazon.co.jpでの販売も開始されている。

格安SIMと組み合わせて購入すれば2000円OFFなど、ASUSのキャンペーンを受けながら購入することができる。

3G版のA501CGは、日本での発売はない。
そのため、A500KLの日本発売が発表された現在でも、3G通信しか使わない人にとっては、この記事で紹介したように海外通販サイトやAmazonマーケットプレイスで海外3G版のA501CGを購入する方が圧倒的に低価格でお得な人もいると思われる。

以下、この記事は、日本でA500KLの発売が発表される以前に書いた、海外通販などから海外版Zenfone5の3GモデルであるA501CGを個人輸入する方法を記した記事だ。

「3G通信しか使わないため、格安で海外からZenfone5を個人輸入したい!」という人のための記事だ。

格安スマートフォンの域を超えたZenfone 5の実力

既にレビュー記事(Zenfone5の開封および外観をレビューしているその1と、Zenfoneの機能・使い心地を評価しているレビュー記事その2)でもZenfone 5のクオリティの高さを絶賛してきた。

動作はかなりサクサクで、最近話題の2年間縛り付きの格安SIMとスマホをセットにした格安スマートフォンプランよりも、Zenfoneを買った方がお得なのではないかと思う。

日本の主要なMVNOの格安SIMを利用するために必要になるAPNプロファイルも既に入っていて、SIMフリー端末であるからZenfoneにMVNOのSIMカードを挿すだけで利用可能になる。
これはおそらく、既にASUSが日本で発売しているファブレット端末などに入っているAPNプロファイルが、そのまま流用されているからだと思われる。
とはいえ、APNプロファイルが最初からインストールされているからと言って、日本のMVNOのSIMを使っていいとお墨付きが出ている訳ではない。海外端末を使う場合には、日本国内の法律関係などをきちんとチェックしてから、正しい端末利用を心がけましょう。

このクオリティでSIMフリーの格安スマホが仮に日本で発売されてしまうと、日本のスマートフォン業界、3大キャリアの価格体系を大きく揺るがす事になるんではないか。
ASUSが日本でZenfoneを発売すれば、価格破壊のきっかけになりうるはずだ。

しかし残念ながら、Zenfoneは今のところ日本発売されていない。ここまで注目を集めたら、Zenfoneを日本から購入したいがどうやって買うの!と思っている人も多いはず。
そこで、Zenfoneを海外から個人輸入したり、日本のお店からZenfoneを入手する方法をまとめておく。

超手軽!Amazonマーケットプレイスで日本でZenfone5を買う!

日本のAmazonマーケットプレイスには、海外からZenfone 5を取り寄せて日本国内からZenfoneを発送してくれるお店や、有名な海外通販サイト達がZenfoneを出品している場合がある。

このリンク先のAmazonマーケットプレイスは、Zenfone5の「A500CG」という初代の型番の端末であると思われる。
RAMやROMにバリエーションがあるので、自分の望むスペックの端末を選べる。
(個人的には、後述するA501CGという型番の端末がオススメだが。)

Amazonマーケットプレイスは、英語がわからない人や、海外通販は不安だという人には強くオススメ出来る。

海外通販サイトでドル建てで決済などを行うより、日本のAmazonのアカウントさえもっていれば日本円で決済できるので、非常に手軽であると言える。

このあと紹介するような海外の通販サイトでドル払いするのが嫌とか、日本語じゃないとわからないという人で、どうしてもASUSのZenfone 5をゲットしたい人にとっては、AmazonマーケットプレイスでのZenfoneの購入が有力な選択肢の一つになる。

A500CGとA501CGの違い

Zenfone5の「A500CG」が初代の型番のもので、「A501CG」は、最近登場したLTE版と共に発表された、A500CGの後継機種的な位置づけの端末だと思われる。

しかし、Zenfone5の日本発売が発表されてからは、海外3G版であるA501CGは、Amazonマーケットプレイスから姿を消してしまった。
そのため、A501CGが欲しい人は、現状では後述する海外通販サイトで購入するしかなさそうだ。

「A500CG」と「A501CG」の違いは、基本的には前者が“Atom Z2580″で後者が“Atom Z2560″であるという点。非LTE版なので、価格をさらに低くするため、その点のみわずかにスペックを下げているものと思われる。

ちなみに私は、海外通販サイト1ShopMobile.comでZenfone5の「A501CG(RAM2G/ROM8G)」を購入したのだが、費用としては最終的に端末170ドル+送料30ドル+税金1300円がかかった。

1ShopMobile.comで海外からZenfone 5を取り寄せる!

香港の倉庫から、日本に向けて日本で発売されていないSIMフリーのAndroid端末を販売してく得れる事で有名な海外通販サイト1ShopMobile.comが、Zenfone 5とZenfone 6を取り扱っている。

ScreenshotASUS Zenfone 5 1ShopMobile.com

日本からも注文出来る、Zenfone 5の海外通販ページ。

この1ShopMobile.comで販売されているZenfone5は、秋葉原のお店で売られているZenfone5のA500CGではなく、A501CGである。
私は実際にここでZenfone 5を入手したので、スペックは確認済みなのだが、1ShopMobile.comで販売されているZenfone 5のスペックの主要部分をまとめるとこうなる。
(もし万が一、私が購入した当時とスペックが変わっていても責任は取れないが・・・)

  • Intel Atom 1.6GHzデュアルコアプロセッサ
  • Atom Z2560、ROM8GB、RAM2GBの「A501CG」
  • デュアルSIMで、サイズはMicroSIM
  • 2G Network: GSM 850 / 900 / 1800 / 1900
  • 3G Network: HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100

Zenfone 5のこのスペックは十分すぎるほどサクサクであり、iPhone4Sから乗り換えた私に取ってはむしろスペックアップだった。

この場合にかかる費用としては、1ShopMobile.com上にZenfone5本体の端末価格として表示されている169ドル(記事修正時点では155ドルに値下げされている)に加えて、1ShopMobile.comが香港から日本に発送する時のヤマト運輸の送料30ドルがかかり、さらに日本国内で課税されヤマトに受け取り時に支払う税金1300円が必要となる。

こう考えると、ほぼ秋葉原のお店で店頭価格22800円のZenfone 5を買った場合と同じ額がかかってしまう事になる。
Amazonマーケットプレイスで購入するのも全然損ではないと言った意味が分かってもらえるだろう。

とはいえ、Amazonマーケットプレイスに出品しているお店で買うより、少しだけ安いので、少しでも節約したい人、海外通販に抵抗がない人は買ってみても良いだろう。

海外通販でZenfone 5を個人輸入する際の注意

Zenfoneには、ROMのバージョンに3種類存在し、その3つの中でCN(中国)のバージョンにはGoogle Playが入っていないとのこと。
海外通販サイトでZenfone 5を購入する時には、CN(中国)かTW(台湾)かWW(ワールドワイド)のどのバージョンを販売しているのかを、必ず確認しよう。

ちなみに、この記事で紹介した1ShopMobile.comで私が購入したZenfone 5のROMは、ワールドワイドの物だったので安心していい。

また、当ブログのコメント欄にて、Expansys及びipmart.com.myについては、WW版を購入する事ができたとの情報を頂いています。

同じく海外通販サイトExpansysでZenfone5を買う!

ScreenshotBrand Plus+ – ASUS – EXPANSYS 日本

8GBモデル、16GBモデルのZenfone 5をそれぞれ取り揃えている。記事執筆時点ではZenfone 6も発売中。

1ShopMobile.comと同じく、日本へ発送してくれることで有名な海外通販サイトExpansysでも、Zenfone5を買う事が出来る。

在庫数の表示もあるので、1ShopMobile.comより買い時が分かっていい。

Zenfone5の評価、レビューが知りたい人は・・・

このブログでは、過去の記事で私がZenfone5を個人輸入するところから、実際に使い心地を確かめるところまで、詳細なレビューを書いてきている。

Zenfone 5の購入を検討している人や、ASUSのSIMフリー端末がどの程度の実力を備えているのか知りたい人は、以下の記事もぜひ参考にしてほしい。

ScreenshotSIMフリーのAtom搭載スマートフォンASUS Zenfone5を海外通販で個人輸入

海外通販サイトの1ShopMobile.comでZenfone 5を注文してから、実際に手に入れるまでの手順を解説した記事。

ScreenshotZenfone 5 を徹底レビュー!ASUSのSIMフリー機の実力(その1)

Zenfone 5の開封から、外観の一通りの写真などを掲載。

ScreenshotZenfone 5 を徹底レビュー!ASUSのSIMフリー機の実力(その2)

実際に起動してからのZenfone 5のサクサク感や、ASUSの独自UIであるZen UIの諸機能を紹介。Zenfone 5の総レビューもこの記事なので、レビューのメインはこちら。

総評としては、ASUSのZenfone 5はこの価格からは考えられない高クオリティだということ。

ASUSには、ぜひとも早く日本に進出して、SIMフリー端末を日本でどんどん発売してもらいたい。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ゴミメールを送信してしまいました。
    アマゾンを見ていたら、ASUS ZenFone 5 – A501CG Dual SIM (SIM フリー, 8GB, Pearl White)[並行輸入] 価格: ¥ 20,900 というものがありました。
    これは、記事の中のAmazoneの¥24,900とはROMのバージョンが異なるものでしょうね。

    \20,900のURL:
    http://www.amazon.co.jp/ASUS-ZenFone-A501CG-Pearl-White/dp/B00M0END3K/ref=pd_sim_sbs_e_1?ie=UTF8&refRID=1BVPNPGQ6HDC9RSP4WXZ

    以上

    • 情報ありがとうございます。

      どうやらZenfone5には様々なバリエーションが存在するようでして、紹介して頂いたZenfone5の「A501CG」は、LTE版と同時に発表されたZenfone5の新モデルなようです。
      記事内で紹介していた端末の詳細欄には「A500CG(初代Zenfone5)」とありますので、その点の違いかなと思います。

      新モデルとはいえスペックに特に違いはなさそうに見えます。
      台湾向けのZenfone5の資料ではそもそもRAM1GB/ROM8GBのモデルは載っておらず、型番のバリエーションに加えてさらに海外向け(ワールドワイド等)端末でスペックのバリエーションが存在する(?)ものと思われ、いまいち違いが良く分からないのですが。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top