海外ニュース・話題

Xiaomiが、1000円ちょっとで買えるフィットネスバンド“Mi Band”を発表

Xiaomi mi band

Xiaomi(シャオミ) は、新フラグシップスマートフォン“Mi 4″を発表した今日の新製品発表会で、約13ドル程度のあり得ないほど安いウェアラブルデバイス、“Mi Band”を発表した。フィットネスバンド(活動量計)の分野に、Xiaomiが進出する事になる。

シャオミがウェアラブルデバイスを発売するのは初めての事で、中国や新興国でスマートフォンで大きくシェアを伸ばし急成長中のXiaomiが、新たな分野でも有力な企業になるかもしれない。


一回の充電で30日使える機能性

Xiaomiは、スマートフォンでもそうだが、その格安の価格からは考えられないクオリティの製品をいつも出してくるため驚かされる。

Mi Bandは、他の同様なフィットネスバンド系のウェアラブル製品と同じように、ウォーキングやランニングの動きをトラックし、また睡眠のリズムも記録できる。
さらに、心地よく起きられるようにバイブレーションでアラームをかける事もできるそうだ。

一度の充電だけで30日間使う事が出来るらしく、一般的なフィットネスバンド系のウェアラブルデバイスは、大抵1週間程度しか充電が持たない事を考えると、30日間使えるというのはかなりすごい事だ。

本当に使い続けられる活動量計

今日の発表会では、XiaomiのCEOであるLei氏が、「これまで様々なフィットネスバンド製品を試そうとしてきたが、結局使い続ける事なく終わってきた」と述べた後、それに対抗するためのMi Bandの重要な特徴を紹介した。

上述の30日間連続で使えるというバッテリー性能についてもそうだが、驚くべき事はそれだけではない。

防水・防塵の保護規格である“IP”はIP67で、防塵性能と防水性能もかなり高い。
防水等級7とは、「防浸形 – 一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」というレベルであり、ウェアラブルデバイスとしては十分すぎる性能だ。
防塵等級6は、「耐じん形 – 粉塵が内部に侵入しない。」という上から2番目の等級にあたり、こちらも1000円ちょっととは思えない性能になっている。

防水性能、防塵性能については、「3分で分かる、「防水機能」の基礎知識 日経トレンディネット」を参照すればよく分かるだろう。

Xiaomiのスマホとも連携

スマートフォンメーカーであるXiaomiだけあって、もちろん“Mi Band”はシャオミのスマホと連携する機能も備えている。

スマートフォンにパスワードロックをかけると、毎回パスワードを入力してロック解除をする必要があるが、“Mi Band”を使えばその面倒なステップを飛ばして、スマホのロック解除ができるのだという。

シャオミのCEOはさらに、将来的にはXiaomi Mi4などのスマホとの連携に留まらず、家の鍵を解錠したり、スマートホーム系のガジェットのスイッチとして使えるようにしたいと述べており、“Mi Band”の将来の発展を期待させる。

発売日については触れられなかったため、いつこの格安の活動量計である“Mi Band”が世に出るのかは不明だが、期待は高まるばかりだ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top