Android

僕が「NifMo」に乗り換えた理由。Niftyの最強格安SIMをレビュー!

Nifmo

筆者はスマートフォンユーザーだが、SIMフリー端末と、MVNOの格安SIMカードを組み合わせて使用している。

MVNOの格安SIMの最大の魅力は、音声通話とLTE通信ができるプランで、月額1600円程度から利用でき、docomoやSoftbankやauといった3大キャリアと比べて、圧倒的に安い料金でスマートフォンを利用できるという点だ。

これまで筆者は、日本通信(b-mobile)の「スマホ電話SIMフリーDATA」を利用してきたが、今回、Niftyが2014年後半に発表したばかりの格安SIMサービス「NifMo(ニフモ)」へと乗り換えた。

Nifmoは、LTE通信の通信量の上限が大きくお得感があるほか、WiFiスポットなど様々な付帯サービスがあり、コストパフォーマンスが極めて高い格安スマホ・格安SIMサービスだと感じている。

ネット上での評判も高いこのNifMoを、今回は詳細にレビューしていく。


NifMoは音声通話+LTE2GBが月額1600円でお得!

最近のMVNO各社の音声通話+LTE対応の格安SIMカードの場合、各社の月額料金の相場は、大体1600円前後となっている。

例えば、MVNOの老舗と言っていいであろう日本通信の「スマホ電話SIMフリーDATA」の料金プランは、基本料金が月額1560円で、通話料30秒20円、LTE通信1GB(1年継続オプション適用時のみ)となっている。

2014年後半あたりからは、同じく1600円前後のプランで、NifMoや楽天モバイルを始めとするMVNO各社が、LTEを2GB利用できるプランを出してくるようになったので、音声通話とLTE通信が利用できるプランの中で、現在の最もお得な格安SIMの価格帯(相場)は、月額1600円で音声通話30秒20円、LTE2GBのプランではないかと思われる。

ちなみに、LTE通信なしの低速回線プランでは、音声通話+200kbpsの低速ネット使い放題で月額1250円という楽天モバイルのプランが登場しているので、日本通信の「スマホ電話SIMフリーDATA」は正直割高感があるようになってきた。

以上を踏まえた上で、格安SIMサービスを提供している主要なMVNO各社の基本的な月額料金を、簡単に以下にまとめてみよう。

それぞれの格安SIMカードごとに、末尾に音声通話対応+LTE2GB利用時の月額料金の合計額を記載したので、それを基準に比較するとわかりやすいだろう。

日本通信「スマホ電話SIMフリーデータ」

Screenshotスマホ電話SIM フリーData | b-mobile SIM
  • 初期費用:3000円
  • 基本料金:月額1560円(税抜き)
  • 通話料金:20円/30秒
  • LTE1GBオプション:340円(1年縛り契約で無料)
  • LTE2GBオプション:950円(1年縛り契約で+1GB)
  • LTE3GBオプション:1560円(1年縛り契約で+1GB)
  • LTE7GBオプション:2420円(1年縛り契約で+1GB)

音声通話・LTE2GB利用時の料金=1900円(基本料1560円+340円+1年縛り)

BIGLOBE

ScreenshotBIGLOBE LTE・3G 音声通話SIM
  • 初期費用:3000円
  • 通話料金:20円/30秒
  • LTE1GBプラン:1600円(税抜き)
  • LTE2GBプラン:1800円(税抜き)
  • LTE5GBプラン:2405円(税抜き)
  • LTE8GBプラン:3738円(税抜き)
  • LTE10GBプラン:4690円(税抜き)

音声通話・LTE2GB利用時の料金=1800円(基本料1800円+1年縛り)

楽天モバイル SIMカードのみの料金プラン

Screenshot楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM
  • 初期費用:3000円
  • 通話料金:20円/30秒
  • LTEなしプラン:月額1250円(税抜き)
  • LTE2.1GBプラン:月額1600円(税抜き)
  • LTE4GBプラン:月額2150円(税抜き)
  • LTE7GBプラン:月額2960円(税抜き)

音声通話・LTE2.1GB利用時の料金=1600円(基本料1600円+1年縛り)

NifMo(ニフモ)

ScreenshotスマホならNifMo(ニフモ)
  • 初期費用:3000円
  • 音声通話対応オプション:700円(税抜き)
  • 通話料金:20円/30秒
  • LTE2GB:900円(税抜き)
  • LTE4GB:1600円(税抜き)
  • LTE7GB:2800円(税抜き)

音声通話・LTE2GB利用時の料金=1600円(700円+900円+6ヶ月縛り)

以上、日本通信(b-mobile)、BIGLOBE、楽天モバイル、そしてNifMo(ニフモ)を比較してきた。
LTEなしのプランでは1250円の楽天モバイルが最安で、LTE2GBのプランではNifMoと楽天がほぼ同額で安く、NifMoの方が最低利用期間が6ヶ月と短くてお得と言えるだろう。

ご覧の通り、日本通信やBIGLOBEは、LTEなしプランでは楽天よりずっと高いし、LTE2GBプランではNifMoより遥かに見劣りするしと、値下げしないと厳しいのではないかというのが正直な感想だ。

やっぱりLTEはあった方がいい!

筆者は、これまで半年以上b-mobileのLTE通信なしのプランでスマートフォンを利用してきたが、屋外で歩いている時のGoogleマップの表示速度や、レストランを調べるためのちょっとした検索といった場面で、通信速度が遅すぎてストレスが溜まった。
そのため、基本的にこれから格安SIMに乗り換えようと思っているという人には、是非ともLTE通信が利用できるプランをお勧めしたい。

NifMoの音声通話+LTE2GBで1600円のプランに乗り換えてからは、移動中のGoogle Mapの表示もスムーズでストレスがないし、ちょっとした検索も素早くできるので、格安SIMであることを感じさせない使い心地を味わえている。
屋外で動画を見たりせず、屋外でメール・ニュース・MAP・Web閲覧をする程度ならば、2GBもあれば1ヶ月間違いなく乗り切れるはずなので、NifMoの音声通話+LTE2GBで1600円のプランを強くお勧めしたい。

NifMoのLTE通信速度を測定!

どの程度の通信速度が出ているのか、NifMoのLTE2GB+音声通話対応のプランで契約したSIMカードを挿し、通信速度測定アプリでLTE通信のスピードを図ってきた。

Nifmo speedtest
Nifmo speedtest2

JR札幌駅の周辺では、様々な通信測定アプリを使いながらあちこち歩いてみても、大体6Mbps〜18Mbps程度の速度が出ていたので、十分満足できるレベルのLTE通信速度と言えるのではないだろうか。

当たり前のことだが、MVNOの格安SIMカードだからといって、LTE通信でもキャリアと比べて遅くて使い物にならないなんてことは全くないので、安心してNifMoなどの格安SIMカードに乗り換えて良いと思う。

Wi-Fiスポット(BBモバイルポイント)も無料!

NifMoのいいところは、月額料金が安く、縛り期間が短いということだけではない。

なんと、スターバックス・マクドナルド・JR駅構内・空港などにあるソフトバンクテレコム株式会社が提供するBBモバイルポイントを、NifMoユーザーは無料で利用することができるのである。
また、ニフティが提供するWi-Fiスポットにも、追加料金なしで接続することができる。

LTE通信の2GB制限を気にすることなく、カフェやファストフード店などで、いくらでもWi-Fiの高速通信を利用することができるのである。

ソフトバンクの携帯・スマートフォンを使用している人ならば、マクドナルドに行くと自動的にフリーWi-Fiスポットにログインでき、快適に高速通信でネットが利用できるという体験をしたことのある人は多いはずだ。

MVNOが提供する格安SIMカードでは、そうしたWi-Fiスポットを追加料金なしで無料で利用できるケースは極めて少ない。NifMoは、その点についても他社MVNOに対して大きなアドバンテージを持っていると感じる。

Nifmo connect

そういったWi-Fiスポットへの接続(ログイン)などは、NifMoコネクトという公式アプリから管理することができる。
常駐して、Wi-Fiスポットへの切り替えや、月間のLTE通信使用量の管理などを簡単に行えるようになるアプリだ。

BBモバイルポイントがどこにあるのかを探せるMAPなども入っているので、非常に便利だ。

普段の買い物でポイントを貯めてさらに割引

他にも、NifMoならではのお得に使えるサービスが用意されている。

それは、「NifMoバリュープログラム」というもので、紀伊国屋やセブンネットショッピングなど、非常に多くのオンラインショッピングサイトでの買い物でポイントが還元され、NifMoの月額料金からそのポイント分が割り引かれるというプログラムだ。

Nifmo value001

「NifMoバリュープログラム」というアプリをスマートフォンに入れ、そのアプリ経由でお勧めアプリをダウンロードしたり、ショッピングサイトでの買い物をしたりすると、ポイントが加算されていくようになっている。

Nifmo value002

NifMo契約時に行うNiftyの会員登録で登録したIDでログインを行う。

Nifmo value003

このように、NifMoバリュープログラムのお勧めアプリをダウンロードすれば、ダウンロードしただけで数十円分のポイントがもらえてしまう。これによって、携帯料金が割り引かれていくのだから嬉しい。

Nifmo value004

ポイントがもらえるオンラインショッピングサイトは、想像以上にラインナップが豊富だ。Yahooショッピングでも1.5%ものポイントがもらえ、NifMoの月額料金から割り引いてもらえる。

普段オンラインショッピングサイトで買い物をする人は、それをNifMoバリュープログラムを通して行うだけで、スマートフォンの代金をより一層節約することができるだろう。

まとめ!NifMoは現状最強の格安SIMカードだ

以上で述べてきたように、NifMoは、月額料金についても音声通話+LTE2GBで1600円と格安で、既存のDoCoMo・Softbank・auといったキャリアのスマートフォンを利用している人は、圧倒的にスマホ料金を節約することができるだろう。

他のMVNOの格安SIMカードと比べても、月額料金・最低利用期間の両方でNifMoは勝利しているといえ、今のところ、音声通話とLTEセットのプランではNifMoの料金が最安ラインであると言えるだろう。

しかも、BBモバイルポイントといったWi-Fiアクセスポイントを、無料で利用できるというのが非常に嬉しい。ビジネスマンにも超オススメできる格安SIMカードだと言える。

そして、NifMoバリュープログラムに登録されているオンラインショッピングサイトを利用する人であれば、普段の買い物をNifMoバリュープログラムを通して行うだけで、ただでさえお得な月額料金が、さらにお得になってしまうのだから驚きだ。

高いスマートフォンの料金にうんざりして、MVNOの格安SIMへの乗り換えを検討している人は、真っ先にNifMoを検討対象に加えるべきだ。

動画や音楽のダウンロードを自宅やWi-Fiアクセスポイント以外でしないようにしていれば、LTE2GBはまず使い切ることはないはずだ。キャリアメールを使えなくなるということさえクリアすれば、Docomoやソフトバンクといったキャリアから、NifMoのようなMVNOの格安SIMへ乗り換える事にほとんど心理的抵抗はないのではないか。

今回筆者は、日本通信のスマホ電話SIMフリーDATAのLTE通信なしプランから、NifMoのLTE2GBプランに乗り換えたわけだが、通信速度に関するストレスが皆無になり、Wi-Fiスポットも無料で使えるようになったので、非常に満足している。

あとは、NifMoなどお得な格安SIMがもっと登場することで、MVNO間の競争がさらに激しくなって、日本通信など他社の格安SIMの基本料金が値下げされれば嬉しいところだが、さてどうなることやら。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By スマホOnti

    お世話になります。現在、IIJMioからの乗り換えを検討しています。
    質問なんですが、「Yahoo!カーナビ」は使用していませんか?→使用していましたら、使い勝手の記事を提供ください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top