Android

MacとAndroidをUSB接続してファイル転送・操作をする方法

Androidfiletransfer

AndroidスマートフォンとMacの間でファイルをやりとりしたり、音楽を転送する方法を紹介する。

主な方法としては、Androidにアプリを入れて、そのアプリの機能を使ってファイルを転送する方法と、USB接続でファイルを転送する方法の二通りがある。

この記事で紹介するのは、USB接続でMacとAndroid間でファイル転送を行えるようにする方法だ。
USBケーブルを接続しさえすればファイルの転送を行うことができるので、非常に便利で、汎用性も高い方法だといえる。


WindowsとAndroidなら簡単にUSB接続できるが…

AndroidスマートフォンやAndroidタブレットは、iPhoneと違い、内部のファイルをパソコンから簡単に操作できることが大きな魅力の一つである。

例えば、通常のUSBメモリと全く同じように、Androidスマートフォンをパソコンに接続してWordファイルを保存したり、音楽を入れてフォルダ管理したりすることができる。

しかし、WindowsではAndroidスマホをUSB接続しさえすればファイル転送が可能になるのに対して、MacではあらかじめMacにソフトを導入しなければ、USB接続してもAndroid端末を認識してくれない。

その、MacでもAndroid端末との間でファイル転送を行えるようにするソフトが、「Android File Transfer」だ。

以下、「Android File Transfer」のダウンロード及びインストールの仕方、そして実際にAndroidとMacの間でファイル転送を行う方法を詳しく説明していく。

Android File Transfer for Macを導入しよう!

「Android File Transfer」は、無料のソフトウェアで、非常に簡単に導入することができる。

Android.comの以下のURLからダウンロードして、AndroidとUSB接続できるようにしたいMacにインストールしよう。

ScreenshotAndroid File Transfer for Mac

MacとAndroid間のファイル転送を可能にするソフト。Mac側にあらかじめこれを入れておく必要がある。

上記のリンクから、Downloadをクリックして、「androidfiletransfer.dmg」をダウンロードする。
そして、その.dmgファイルをクリックして、アプリをインストールしよう。

Android file transfer

通常の.dmgファイルと使い方は全く同じ。いつも通りアプリケーションフォルダにAndroid File Transferをドラッグしてコピーする。

Android file transfer002

無事アプリをインストールできれば、アプリ一覧にAndroid File Transferが表示されているはずだ。

Android file transfer003

MacでAndroid File Transferを起動すると、このようにAndroid端末との接続を求めるメッセージが表示される。

この状態になれば、Android端末をMacに接続するだけで自動的にAndroid File Transferが立ち上がり、MacとAndroid間でのファイル転送が可能になる。

Android file transfer004

実際に、MacとAndroidをUSB接続して、Android内部のファイルやフォルダを表示した状態がこの画面。

Androidのファイルマネージャーアプリなどと全く同じように、MacからAndroidスマホの中にあるファイルを削除したり、Macから音楽をAndroidに転送したり、ファイルを閲覧したりすることが可能になる。

非常に便利なので、Androidを使用しているMacユーザーは必ずインストールしておきたいアプリだ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top