Mac

Mavericksで進化?Mac標準アプリ「リマインダー」が優先度順などでソートできるように

MacやiPhoneで様々なTo Doアプリを使用してきましたが、Mac標準アプリであるリマインダーはあまり使ってきませんでした。
そのため、いつ変化したのか正確には分からないのですが、Mavericksにアップデート後リマインダーをいじってみると、To Doリストを 優先度・日付・タイトルなどでソートできるようになっていました。
Mountain Lionの時点では、リマインダーアプリ上で手動でドラッグして並び順を変更する事は出来ましたが、このようなソート機能はなかった様な気がします。
iCloud上のリマインダー、及びiOS標準のリマインダーアプリでは依然並び替えできませんが、Macのリマインダーアプリはこれで使い勝手が良くなりましたね。Mavericksで強化された機能の一つと言えるのでは?(多分ね・・・)

1fa57bf88fcbf4140d99494eeba382d2.jpg

こんな感じで優先度をまず設定。
そして、表示メニューから表示順序を変更する事でソートできます。

a8c21e3779b240e8969c707ec33278ce.jpg

以前からできた手動で並び替えをする事も出来るし、期限順、優先順位順、作成日順、タイトル順でのソートが可能です。
これができるだけでもリマインダーアプリの使い勝手がかなり向上しますね。
ちなみに、表示順序のメニューで既に選択済みの項目をもう一度クリックすると、昇順・降順の切り替えもできます。

とはいえ、Macのリマインダーアプリ上でソートしても、iOS上のリマインダーアプリやiCloud上のリマインダーでは作成順になってしまうようなので、どうせならそこも変更してほしいですよね。
以上、Mavericksで進化した(ような気がする)リマインダーアプリのソート機能を紹介しましたよ。それにしてもMacの最新OSマーベリックスへ、無料でアップデートできるというのは驚きましたね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top