留学準備

アメリカ留学で一番得なお金の持って行き方、日本からの仕送り・送金の方法

交換留学などで学生が留学する際、現地でお金をどのように調達するか、留学先の子供へ日本にいる親から仕送りをどうやってするかはなかなか面倒な問題です。
銀行送金の手数料や、クレジットカードの手数料、適用される為替レートなど本当に面倒くさい事ばかり。

今日は、何通りかの送金方法を試したり、アメリカでの買い物の際に出来るだけ安く払うにはどうしたらいいか試したりしてきた、実際のアメリカ留学生である僕のオススメ送金方法・支払方法を紹介したいと思います。

オススメのクレジットカードから、留学先のアメリカで銀行口座を作る方法まで解説しますよ。


アメリカがカード社会というのはガチ

「アメリカはカード社会である」という話は良く聞くものですが、実際アメリカに来てその通りだと感じました。
スーパーや本屋でも、レジの横にタッチスクリーンにタッチペンでサインできるクレジットカードリーダーがあるのは当たり前で、クレジットカードで支払をしている人がほとんどです。

まずはアメリカ留学するときの基本として、アメリカ留学先での生活費(スーパーでの買い物、食堂、電話代などなど)は、
ほぼデビットカードかクレジットカードでの支払が基本
だと思っておきましょう。

クレジットカードにはVISAとかMaster CardとかJCBとか色々あるので、まずは自分の留学先の大学でどのクレジットカードが使えるかを調べましょう。
まあ、基本的にはVISAかMaster Cardなら困る事はないと思いますけど。

たとえば、僕が留学したある北米の州立大学では、寮の申し込み・支払や、食堂の代金支払いにVISAやMaster Cardが使用できます。
こうした情報は留学先大学のHPで簡単に調べることができますので、一度自分が留学する予定の大学のHPの寮の家賃に関するページを覗いてみると、支払いにVISAが使えるか否かなどが分かるので、とりあえずチェックしましょう。

しかし、クレジットカードは為替レート・手数料的に考えて若干不利だったりもします。
どのようにお金を調達するのが一番安く済むのかを、以下考察していきます。

留学先でのお金の調達法オススメランキング

第4位日本の銀行のキャッシュカードを海外利用

これは日本の大学の留学センターなんかもパンフレットで紹介していたりするメジャーな方法でしょう。

ここでは新生銀行を例にとりますが、新生銀行のキャッシュカードは海外のATMでも使用する事が出来、手続きなしで現地通貨を引き出す事が可能です。
実際非常に便利ですし、短期留学ではこれもイイと思います。

しかし、はっきり言って僕はこの方法をお勧めしません。
なぜなら、為替レートが非常に不利で、高くつくことになるからです。
この方法を取るくらいなら、日本からもっていったクレジットカードを使った方がずっとお得です。

特に長期留学では、別の方法をとる事をお勧めします。
以下、その理由を説明します。

ご指定の金額(現地通貨)は、 VISAインターナショナルが定めたレートに4%を加算したレートにより円換算され、新生総合口座パワーフレックス円普通預金から引き落とされます。

新生銀行サイトから2013年11月2日引用

見ての通り取られる手数料が高い訳です。以下で紹介していく方法と比べると、かなり不利な事がお分かり頂けると思いますよ。

日本の銀行の海外キャッシュカードを使用するメリット

  • とにかく簡単、煩雑な手続きが必要ない
  • 短期留学などで小額の現金が必要になる場合には便利

日本の銀行の海外キャッシュカードを使用するデメリット

  • レートが非常に不利で、高くつく

第3位キャッシュパスポートを使う

キャッシュパスポートは、外貨建てのプリペイドカードだと考えれば良いでしょう。原理としてはSuicaみたいなもんです。

例えば、日本円で100円入金したら、それがカードに1ドルとしてチャージされ(1ドル=100円と仮定)、海外で使用する事が出来るデビットカード(クレジットカードと同様の使い方だが、お金が引き落とされるのが使用時)になるわけです。

日本で日本円で入金し、現地でデビットカードとしてお店で使えたり、海外ATMでお金を下ろしたりすることのできるMaster Cardのキャッシュパスポートとして、トラベックスジャパンの物があります。
これには、米ドル建てのプリペイドカードだけではなく、中国元やユーロなどもあって、旅行の際には非常に重宝するでしょう。

カードへのチャージの仕方は、トラベックスジャパンのチャージ用の口座に自分の銀行口座から振込を行なうと、その時の為替レートが適用され、キャッシュパスポートにドルでチャージされます。
さらに、留学生の場合、あらかじめ申請書類を出せば、両親の口座からの振込でもチャージできるようになります。

しかしデメリットとしては、上記の日本の銀行の国際キャッシュカードと同じように、為替レートが高いということです。

外貨建てカードの場合は、キャッシュパスポートレートの中に一定の為替手数料が含まれています(本日のレート参考)。

トラベックスジャパン キャッシュパスポートのサイトより2013年11月2日引用

例として、北米時間2日午前2時にキャッシュパスポートの「本日のレート」は

日本円からアメリカドルは101.05
通常の為替レートはその時98.6700

だったので割と手数料がかかってることになります。

まあしかし、現地で銀行口座などを開設しなくても、日本から便利に両親に仕送りをしてもらう事が可能になるので、短期留学や旅行にはオススメです。興味のある方は調べてみては。

また、クレジットカードのように使用時の為替レートではなく、チャージ時の為替レートで固定できるので、円高のときにチャージしまくればお得に使えますよ。

キャッシュパスポートを使用するメリット

  • 簡単に作れて便利
  • 現地通貨が必要な短期留学や旅行に便利
  • レートを固定できるので、為替レートの上下を気にせず買い物できる

キャッシュパスポートを使用するデメリット

  • レートが不利で、高くつく

第2位日本でクレジットカードを作って持ってく

現金が必要にならないなら、クレジットカードが最も便利。

日本でクレジットカードを作り、それを持っていけば、冒頭で書いたようにアメリカはカード社会なので、あらゆるお店でクレジットカードを使用できまず困りません。
アメリカの留学先大学の寮費、食堂代、医療費などもクレジットカード決済が普通なので、留学中に現金が必要になる事もそんなにありませんし、クレジットカードを1〜2枚持っておけば生活できます。

しかしながら、これが2位である理由は、スーパーマーケットなどで買い物をする時、お店によってはクレジットカード決済に3%程の手数料が取られる事があるため。お店のレシートをよく見たら買い物の総額自体に手数料が加算されていてびっくり。

僕自身、この欠点には韓国人の友人に「クレカじゃなくてデビットにした方がいいぜ」と教えてもらうまで気づきませんでした。
レシートに表示されている総額と、後日来たクレジットカードの請求を見てレート等を考えていたため、スーパーマーケットの段階で手数料ががっぽり取られていることは盲点だった・・・。

また、クレジットカード決済に手数料を取られるのはスーパーでの小さな買い物だけではなく、数十万の大学の寮費の支払でもクレジットカードを使うと手数料が取られることがあり、割高になる場合があります。
(この場合は次に紹介する日本からの仕送りの方法が最強でオススメ!)

このような買い物をするお店自体に決済手数料としてお金をさっぴかれる場合をを除いて考えればですが、為替レートと手数料は、上記で紹介してきた国際キャッシュカードやキャッシュパスポートと比べて、大分安く済むと言えるでしょう。

海外でご利用になった場合の換算レートは、VISAカード及びマスターカードの場合は、現地加盟店から売上データが加盟会社または取扱金融機関を経て、米国のVISAインターナショナル決済センターもしくはマスターカードインターナショナルへ送付され、集中決済された時点の交換レートに所定の事務手数料を加えたものが適用されます。
中略
所定の事務取扱手数料は、VISA1.63%、MasterCard1.63%

楽天カードのサイトから2013年11月2日引用

このように一応手数料はかかりますが、キャッシュパスポートや国際キャッシュカードよりは安く済みます。
これよりもさらに手数料が安いのが、次に紹介する方法なのですが。

現地で現金がたくさん必要になる予定がない人は、クレジットカードを1枚持っておくだけでやってけます。

キャッシュパスポートと比較した場合のデメリットとしては、カードを使用したときの為替レートが適用されるために、日本円でいくらの請求が来るのかハッキリしないことでしょう。

また、日本からの両親による仕送りというよりは、日本のクレジットカードの請求がくる銀行口座へお金を準備しておくという形になります。

留学時、自分名義のクレジットカードと家族カードどっちが良いのか?

さらに留学時に使用するクレジットカードについて考えていきます。

留学先にクレジットカードを持っていく場合、学生カードなど留学する学生本人の名義でのクレジットカードを留学先に持っていくと言う選択肢と、家族カードを持っていくという選択肢があります。
どっちが留学時には良いのでしょうか?

もっとも手軽で安心な方法は、両親のクレジットカードの家族カードを発行してもらい、それを留学の際に現地に持って行くことだと思います。

というのも、家族カードならば利用限度額が大きい事がまず非常に重要なポイント。
留学先では、寮費の支払などまとまったお金を払わなくてはならない場面も多くあり、学生本人名義のクレジットカードで限度額が小さいと不便です。

そしてキャッシング枠の設定も、学生本人名義では出来ない場合が多いです。
家族カードならキャッシング枠の設定も容易にできるので、何かあった場合にも対応できるクレジットカードになるかと思います。

というわけで、留学時にはとりあえず一枚は家族カードを持っていくべし。

留学時に持ってく本人名義のクレジットカードのオススメ

しかし留学するときに、留学先で色々と自分の趣味のものや、旅行時の楽しみなどにお金を使いたくなる事も多々あります。
家族カードで好き勝手にそういった買い物をするというわけにもいきません。
そして場合によってはお父さんに自分が何を買っているかバレます(笑)

そこで、留学を予定している学生の方には、とりあえず一枚自分名義のクレジットカードを日本で作って持っていく事をお勧めします。

学生本人名義のクレジットカードを持って行きたいならば、楽天カードがお勧めです。楽天カードには学生向けの楽天カードアカデミーも存在しますが、学生でも学生カードではなく通常の楽天カードに申し込みが可能で、審査もパスすることができます。

お勧めの理由は、年会費が無料であること、学生でもあっさり審査に通ること、大抵なんらかの入会キャンペーンをやっているのでお得なことなどが挙げられます。

ネットから楽天に会員登録をし、住所や世帯年収などを入力すれば本当にすぐに審査結果がきます。

学生の場合は、独身、家族同居、家を持っていたとしても本人以外所有ですから、恐らく本人ではなく親について審査される事になるのだと思われます。
ちなみに私の場合は独身・家族同居・収入ナシで、利用可能枠は20万円、キャッシング枠は0円でした。

楽天カードは常に色々なキャンペーンをやっていますが、8000円分のポイントがもらえるとか、電子書籍端末Koboが貰えるなどその時々で変化するので、チェックしておいてお得な時に登録してみればいいのではないかと思います。

アメリカ留学の場合は、VISAかMaster Cardが良いと思います。

クレジットカードを使用するメリット

  • あらゆるお店で使用できる
  • 為替レート・手数料が他の選択肢より安く済む

クレジットカードを使用するデメリット

  • 現金を調達しにくい
  • 使用時のレートが適用されるため、請求額が予想できない
  • 買い物の際、クレジットカード決済自体にスーパーマーケットから手数料として3%ほど上乗せされる事がある
  • 大学の寮費の支払などでも、クレジットカード決済に数パーセントの手数料を取られ割高

第1位留学先で銀行口座を開設

おそらく、これが最もお得な留学先にいる子供への国内の家族から仕送りの方法です。

アメリカで作った現地の銀行口座に、ゆうちょ銀行の口座あて送金など、日本の国内銀行の口座から送金する方法となります。

クレジットカードの手数料がキャッシュパスポートや国際キャッシュカードと比べてお得な事は上に書いた通りですが、それでもまだやはり手数料は気になりますよね。
また、既に述べた通り、お店での支払や、大学の数十万の寮費の支払などをクレジットカードで行なうと数%の決済手数料を取られ、かなり割高になってしまうというデメリットがありました。

そのため、留学する場合には、現地の銀行口座開設が最も手数料・為替レートが安い日本からの仕送り・送金の方法です。

アメリカでは、銀行口座を作ると「デビットカード」がキャッシュカードとして貰えるのが通常です。
これを使えば、ATMで口座から現金もおろせるし、クレジットカードと全く同じようにカードとして使用する事も出来ます。

デビットカードがクレジットカードと異なる点は、カードを使ったときに即座に銀行口座からお金が引き落とされると言う事。

何より重要なのは、クレジットカード決済では決済手数料がお店に取られてしまうような場合でも、デビットカードなら決済手数料が無料なことが多いという事です。

つまり、クレジットカードと同じように使える便利さを維持しながら、クレジットカードでは手数料をお店に取られて高くなってしまう場合であっても、現金で支払う場合と変わらないお得さを実現できる訳です。

例えば、僕は大学の4半期の寮費を支払う際に、クレジットカードではなくアメリカの銀行口座のE-checkを使って支払ったところ、クレジットカードで支払った場合より5000円ちょっと安く済みました。
1年分で考えれば、クレジットカードで支払うより寮費が2万円安くなったわけですからね、これはでかいですよ。

(ちなみにE-checkとはアメリカの銀行口座の口座番号や名義を入力するだけでネットで支払が出来る電子小切手)

もちろん、その銀行口座のデビットカードは、アメリカのamazon.comなどネットショッピングをする際にも使用できます。

留学中の子供への送金・仕送りは、日本から留学生本人が現地で作った銀行口座に、ひたすら仕送りをしてもらえば全てOKな訳ですね。

ちなみに手数料・為替レートですが、クレジットカードよりもさらに安くすみます。レート的には、銀行口座への振込が最もお得な海外への送金方法と言う事になります。

料金:1件につき2,500円

送金金額が100米ドル以上の場合は通常10米ドルの仲介手数料が送金金額から差し引かれます。
(受取銀行によっては、さらに仲介手数料が差し引かれる場合があります)

(ゆうちょのサイトの海外送金に関するページからそれぞれ抜粋)

たとえば、ゆうちょの海外送金を用いてアメリカの留学中の本人の銀行口座に30万円移すとしましょう。

仮に1ドル=100円だとすると、仲介手数料も含めて基本的に3500円が手数料としてさっ引かれる事になります。
これをパーセンテージに直すと、手数料はわずか約1.1%。

クレジットカードの場合の手数料が1.63%だった事を考えると、
為替レート・手数料的にも最もお得な方法であると言えます。

留学生のためのアメリカで現地の銀行口座を開設する方法!

お得と言っても、留学先で銀行口座を開設すると言うのは中々ハードルが高く思えてしまいますよね。

でも大丈夫!(なこともある)

アメリカの留学先の大学が、そこそこ大きな総合大学であれば、大学自体が銀行口座サービスと連結していて、学生証を作る際に簡単な手続きで銀行口座を作れることがあります。

日本の大学には必ず大学生協があるように、アメリカの大学には学生や教職員向けの信用組合がある(Credit Unionといいいます)ことが多いのです。

Credit Unionは大学と接続したサービスであるため、当該大学への留学生は非常に簡単にアメリカの銀行口座を作れてしまうのです。
この場合、言葉も通じない他所の国で銀行という未知の世界に行き、銀行口座を作るために奮闘するという手間が省けます。

アメリカ留学が決まったら、必ず留学先の大学にくっついている協同組合=銀行口座サービスがないか調べてみましょう。
これが見つかれば、日本から持って行くクレジットカードを1枚用意して、あとは日本から両親に現地の銀行口座に現金を振り込んでもらうと言う形で、全てやっていけるでしょう。

特に、寮費など額の大きな支払は必ず銀行口座からE-checkやデビットカードでの支払をすること。
クレジットカードでは手数料がかかってしまう場合が多いです。ちりも積もれば山となるですよ。

留学生が銀行口座を簡単に作れるCredit Unionとは?

留学先の大学で簡単に銀行口座を作れるかどうかを調べるには、「大学名+Credit Union」で検索してみて下さい。「大学名+Checking Accounts」などでもいいかもしれません。

そもそも、アメリカのCredit Unionとは何かというと、まあ訳すと信用組合ですが、利益を目的としない組合で全米に一杯あります。

例えば、恐らくこれはカリフォルニア大学バークリー校のCredit Unionだと思いますが、「Credit Union for Berkeley Students, Faculty, and Staff」などがCredit Unionの例です。

基本的にSavings accountやChecking accountなど銀行としての機能を備えており、大学の中、大学近くの街中あちこちにATMが大量に設置されており、利便性も非常に高いです。

ちなみに、アメリカの銀行ではChecking AccountとSaving Accountがあり、日本人の思う銀行口座のイメージ(普通預金)に近いのはCheckingの方ですのでご注意を。

現地で銀行口座を作る際には、チェッキングとSaving両方セットになっていることもありますが、その際にはお金を入れるのはChecking Accountの方に入れるようにしましょうね。

大学のCredit Unionなら、通常の銀行で口座を作る場合と違って、Social Security Numberもいらないし、非常に簡単にアメリカで銀行口座を作る事ができるのです。

僕の場合、学生証とパスポートだけ持っていったら口座を作る事が出来ました。

留学先で銀行口座を開設するメリット

  • 為替レート・手数料が他の選択肢よりかなり安い
  • 沢山の現金を簡単に調達できる
  • 口座を作れば貰えるデビットカードを使えば、スーパーマーケットなどでクレジットカード決済手数料など余計な手数料を取られない
  • 大学の寮費の支払などを現地銀行口座からE-check等を使ってやれば、数万単位で決済手数料の節約が可能

留学先で銀行口座を開設するデメリット

  • 銀行口座を作るのにちょっと勇気がいる

結論:留学時は家族カードのクレカ1枚と、現地での銀行口座開設

以上、留学生が家族と一緒にまず悩むであろう留学先へのお金の持っていき方、日本からの仕送り・送金の仕方を一気にまとめました。
留学時のお金の悩みの解決に役に立てれば幸いです。

この記事の内容は、あくまで学生が自らの経験と独断で書いた物であり、為替レートや手数料の計算など、間違っているところもあるかもしれません。必ず自分でもどの方法が一番安く済むかを検討し、自己責任で判断して下さい。

皆さんの留学生活の充実を祈ります!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 素晴らしい情報をありがとうございます。
    質問なのですが、アメリカで作った講座に親が日本から入金するにはどういったやり方をすれば良いのでしょうか?

    • ゆうちょ銀行の国際送金が一番身近で手軽だと思います。

      国際送金-ゆうちょ銀行

      上記URLの先でいうところの、
      >外国の受取人さまの銀行口座または郵便振替口座に入金する「口座あて送金/口座間送金」
      というのが、アメリカで作った口座に両親が日本から入金する最も一般的な方法かと思われます。

  2. 情報有難うございます。非常に役に立ちました。

    友人が海外留学をしていた際に日本の銀行のデビットカードを現地で使用していたそうなのですが、こちらは海外に口座を開いてそちらのデビットカードを使う場合と比べて手数料の面からお得度は如何なのでしょうか。
    その友人は三菱東京UFJ-VISAデビットを使っているようでした。

  3. どれが一番お得に送金出来るのか色々探していましたした。やっとわかりやすい所にありつけました。色々比較されていて本当にわかりやすかったです。最初はキャッシュパスポートで送金していましたが、オーストラリアで口座開設したと聞いたので、楽天銀行から送金しようと思います。本当に感謝です!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top